Fポケの備忘録

構築記事とか雑記とか

S20シングル使用構築「未来を掴め!!ファイナルラオスドライブ」最終14位

f:id:kskiFpoke539:20210726114841p:plain


【始めに】

初めましての方は、初めまして。

そうでない方は以前より閲覧していただきありがとうございます。

 

Fポケットです。シーズン20お疲れ様でした。

 

結果が出たので、構築記事を残そうと思います。

完成度は過去最高に仕上がっていると思うので、ぜひ最後まで見ていってください。

 

【構築経緯】

・引き先を用意し、幅広い相手に対し安定して戦う

・受け回しを崩すそうとしてくる相手に対し、鉢巻f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plain(水)が強い

以上2点が重要であると感じ、「鉢巻f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plain(水)+受けサイクル」をベースに構築を考えた。

 

ラオスとの相性の良いアタッカーの選定

f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plainの攻めの相棒としてスカーフf:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plainを採用。攻めの補間が優秀で、展開されたf:id:kskiFpoke539:20210327175847p:plainを上から止めれることを評価した。

 

受け回しの考察

次に受け回しについて考える。まず、以下の表を見ていただきたい。

 

f:id:kskiFpoke539:20210801120300p:plain

 

これは、現環境の物理・特殊の攻めポケモンに対し、選出段階における有利不利を個人的に分析したものである。

この表から、「HBf:id:kskiFpoke539:20210327175823p:plain+HBf:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain+HDf:id:kskiFpoke539:20210329235908p:plain」or「HBf:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plain+HBf:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain+チョッキf:id:kskiFpoke539:20210711201558p:plain」の並びが相手の攻めに対し幅広く対応できそうだと感じた。そして、「HBf:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plain+HBf:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain+チョッキf:id:kskiFpoke539:20210711201558p:plain」を受け回しとして組み込むことにした。

理由は色々あるが、長すぎるので省略する。簡潔に言うと「HBf:id:kskiFpoke539:20210327175823p:plain+HBf:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain+HDf:id:kskiFpoke539:20210329235908p:plain」はf:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plainf:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plainと組み合わせるにあたって色々ケアが利いてないと感じたからである。詳細は記事の最後にある【付録】を参照していただきたい。

 

最後の一枠

電気の一貫を切ることができ、上記5匹と噛み合いそうなポケモンを考察していたところ、f:id:kskiFpoke539:20210510012255p:plainが適任だと感じ採用した。一致地面・鋼タイプの技を使用可能、氷が等倍、ピン採用でもエースとなり得る素質を評価した。f:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plainf:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plainとの相性も良好。

 

最後に6匹がしっかりと嚙み合うように調整し、構築が完成した。

f:id:kskiFpoke539:20210801130018j:plain

 

【コンセプト】 

・攻め崩して勝つ or 受け回して勝つ

・構築+プレイングでサイクル戦を制する

・選出が歪まない構成を目指す

・全対応を目指す 

 

【採用順】

f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plain→ f:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plain→ f:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plainf:id:kskiFpoke539:20210711201558p:plainf:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plain→ f:id:kskiFpoke539:20210510012255p:plain

 

【単体紹介】

f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plain@拘り鉢巻 ※非キョダイマックス

特性:不可視の拳

性格:陽気

実数値:175-182-121-x-80-163(0-252-4-0-0-252)

技: 水流連打/インファイト/蜻蛉返り/アクアジェット

 

構築の始点。このポケモン一匹だけでも十分強いが、サイクルと組み合わせることで究極のポケモンへと昇華する。引き先を用意し2サイクル目以降で水流連打・インファイトの一貫を目指す動きが強力で、雷パンチ・冷凍パンチで強引に崩しに行く動きとは違い相手依存になりにくい。
余った2枠に蜻蛉返り・アクアジェットを搭載することで対応範囲を広げた。蜻蛉返りは削りを入れつつ相手の動きを見てから後出しで動ける点、カバ・ラグの残飯欠伸ループをこのポケモン一匹で抜けることができる点を評価した。アクアジェットは展開されたポケモンスイープしたり、見えにくい詰めの一手になったりするため、ゲームメイクしていく上で非常に便利な技だった。

伝説ポケモンを除けば、間違いなく最強。冠ルールでは是非構築に入れておくべきポケモンだと感じた。

 

 

f:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plain@拘りスカーフ

特性:静電気

性格:臆病

実数値:165-x-106-177-110-167(0-0-4-252-0-252)

技: 10万ボルト/暴風/熱風/ボルトチェンジ 

 

スタンダードなスカーフサンダー。明確な役割はないものの、相手のスカーフ持ちや高速低耐久ポケモンに削りを入れつつ立ち回れるのは相変わらず強い。型が読み辛いテッカグヤでもS+2までなら上から叩くことができる。火力あるダイジェットも言わずもがな強力で、ダイマックスを切る・切らない選択肢があることで立ち回りの幅が広がり扱いやすい。ボルチェンや引き先で削りつつ、サンダーの技圏内に入れて裏から展開していく動きが安定して強かった。

 

 

f:id:kskiFpoke539:20210711201558p:plain@突撃チョッキ ※A個体値0

特性:再生力

性格:穏やか

実数値:201-63-104-144-160-51(244-0-28-108-124-4)

技: ヘドロ爆弾/未来予知/火炎放射/冷凍ビーム

 

本構築における特殊受け。「再生力」「未来予知」が優秀で、サイクルを回すことで負荷と回復を同時に行えるのが強力だった。特にウーラオスとの相性が良く、未来予知をセットしてからウーラオスで有利対面を作れば相手のサイクルが崩壊する。未来水流連打」はドヒドイデですら打ち抜き、「未来蜻蛉返り」はカプ・ブルルがサイクル下で崩れていく。
サイクル戦における潤滑油のような存在。毒、フェアリータイプやナットレイが評価され続ける限り、これからも評価されていくポケモンだと感じた。


 

f:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain@進化の輝石

特性:トレース

性格:図太い

実数値:191-x-156-125-115-82(244-0-252-0-0-12)

技:トライアタック/イカサマ/電磁波/自己再生

 

本構築における物理受け①。球ランドロスや鉢巻カイリューでも止めれるように、特性「トレース」で採用した。基本的には物理ドラゴン、地面を止めたいときに選出する。物理に突破されないのが何よりの強み。このポケモンで突破は難しいが、生き残って動くことで味方を活かす立ち回りを可能にした。

 

 

f:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plain@食べ残し

特性:マルチスケイル 

性格:腕白

実数値:193-156-155-x-121-110(212-12-204-0-4-76)

技: ダブルウイング/逆鱗/羽休め/竜の舞

 

本構築における物理受け②。主にエスバ、ゴリラ、ウオノラゴンを止めたり、両ラオスを誤魔化したりした。役割対象とマッチアップさせてから展開していくことを意識した。火力のある「逆鱗」を採用することで、受けポケでありながらゴリ押しや誤魔化し範囲を拡大した。ヤドキング同様、動きながら回復できる点が強かった。被弾や接触が多くなってしまう型だが、最終日は一回も下振れなかった。本当によく頑張ってくれたと思う。

 

 

f:id:kskiFpoke539:20210510012255p:plain@命の珠

特性:すなかき 

性格:意地っ張り

実数値:185-205-81-x-85-140(0-252-4-0-0-252)

技: 地震/アイアンヘッド/ロックブラスト/剣の舞

 

最後に入ってきたポケモン。環境にささっていたとかいう訳ではないが、タイプ・性能が構築の補間として十分機能していたと感じる。ガチガチの受け回しやフェアリー、エスパー勢の要塞化を排除できそうなときに選出する。環境であまり見ないような構築に対し強く出ることができたため、軸と補間の関係を良好なものにした。

 

 

【選出・立ち回り】

①「攻め+受け2枚」の崩しサイクル

f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plainorf:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plain +f:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plainorf:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plainorf:id:kskiFpoke539:20210711201558p:plain

②「攻め2枚+@1」の攻めサイクル

f:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plainf:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plain+@1

③「受け3枚サイクル」

f:id:kskiFpoke539:20210511002258p:plain+f:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain+f:id:kskiFpoke539:20210711201558p:plain

④etc.

 

刺さりの良いポケモン+そのポケモンをカバーすることができるポケモン×2で選出すること意識した。

立ち回りは即負けしない選択を常に意識して、立ち回りの先にある試合のターニングポイントを見据えることを大事にした。

 

【終わりに】

 閲覧していただきありがとうございます。

苦手意識の冠環境でしたが、構築も結果も過去最高のものになって良かったです。3ヵ月で得た知識・経験を全て出し切ったと思います。

 

次は最終一桁を目指します。これからも楽しくやっていくので、どうぞよろしくお願いします

 

Twitterのフォローも是非よろしくお願いします。

Twitter:@kskiFpoke539

 

改めまして、シーズン20お疲れ様でした。 

 

TN  101 最終14位 最終レート2047

 

TNは7月一番聞いたこの曲からとりました

www.youtube.com

 

 

 

【付録】

何故「HBf:id:kskiFpoke539:20210327175823p:plain+HBf:id:kskiFpoke539:20210418173618p:plain+HDf:id:kskiFpoke539:20210329235908p:plain」じゃないのか?

 

※箇条書き

f:id:kskiFpoke539:20210330000006p:plainが重すぎる

・特化珠f:id:kskiFpoke539:20210311182229p:plainの初手ダイマで終了する

・未来予知の方がf:id:kskiFpoke539:20210510005918p:plainと相性良すぎる

・良くも悪くも誤魔化し性能があるが、今季は悪い方が目立ちそうな気がした